読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地震

昔は、地震が起きたりしても逃げることとかあまり深く考えたことがなかったけど、息子が生まれてからは、ちょっとグラッときただけで息子を抱っこしてドアを開けた方がいいのかとか考えしまいます。

 

本当に大きな地震が来た時、息子を抱えて冷静に行動できるか不安です。


私は、東北の大地震が来た時、九州にいて、ちっとも揺れを感じなかったので、大地震の恐怖を少しも経験したことがないです。

 

東京の家にいた母と祖母は、食器が棚から落ちて割れたとか、大変だったとか聞いたような気が…


非常用?災害用?の荷物をまとめておいた方がいいのかなぁ。その中に息子用の物も最低限入れておけば少しは安心なのでしょうね。


そうした方がいいのはわかるけど、なかなか地震が来るとかそういうことの現実味がなくて、行動に移せません。

 

昨日は土砂降りの雨でした。その大雨の中、私は外出していて、父は出張でいなかったからつい帰宅が夜中になってしまって、寝てしまった息子を起こしてしまうのはかわいそうだったので、帰宅するなり電気もつけずに布団(夜のために敷きっぱなしにしていた)に寝かせ、私は暗い中寝る支度をして、そのまま就寝しました。

 

今日も天気があやしかったので、昨日から敷きっぱなしにしていた布団を、今朝部屋の壁にひょいとたてかけました。

 

息子を抱っこしていたので、布団を見ずに流れ作業でやっていたのです。

 

そのまま昼間は外出して、夜さあ布団を敷こうと思って立てかけていた布団を倒したら、ふとんの端っこがびしょびしょなのです!

 

え?何の水?って思ってにおいをかいでも全く臭くないし、シーツの色も別に問題はなくて、ただビタビタに濡れているのです。

 

布団を動かすと水滴が垂れるくらい濡れていて、思わず知り合いの内装業をしている人に電話をして雨漏りなのかどうか聞いたほどです。

 

様子を見ないとわからないという結論になりましたが、なにやら心配です。

 

もし雨漏りだったら…いくらかかるのか。

 

自然のチカラは怖いです。

穏やかな協議離婚後のこっそり引越し体験記

引越しは色々な人生の裏模様が見え隠れするものだとつくづく思います。

 

結婚して、子供が産まれ、お部屋が手狭になってきて、お家を購入して引越すという幸せなパターンもあれば、そうでないパターンもあります。

 

私の引越しはどちらかというとそうではないパターンでした。原因は私達夫婦の離婚でした。ただし、とても穏便に進んだ協議離婚でしたから、離婚そのものにはそんなにパワーは必要ありませんでした。

 

ただし、引越しに関しては大変でした。

私達には子供ができなかったので、離婚のための引越しで大変だったのは2人で購入した物のわけ方でした。

 

そして、その運び出し方でした。

 

できれば、あまり近所に知られないで私の荷物を運び出し、私が穏便に出ていきたいと思ったからです。ではどのような引越しになったかをお話ししましょう。

 

■荷物の梱包は全て自分で行った


私の場合、離婚してからの生活がかなり困難になると想像ができたので、引越しにできるだけお金を使いたくなかったのです。

 

離婚後、しばらく仕事が見つからなくて、お金に苦労する妥当と思いました。お金を少しでもセーブしたかったのです。

 

それで、段ボールはあちこちから集めてきては少しずつ梱包しました。

 

この引越しは私が住宅から出ていき、元夫はそのままその住宅でしばらく暮らすということになりました。

よって、私の荷物だけを運び出す、という引越しになりました。

 

■妹の名前で賃貸アパートを借りた


私は定職をずっと持っていない専業主婦だったこともあり、私の名義では賃貸を借りられないと思いました。

 

そこで、私の妹に、彼女の名義で賃貸アパートを借りてもらいました。

 

住むのは妹と私、ということにしました。

そうでもしなければ、私だけでは賃貸は借りられないと思いました。

 

賃貸アパートはわりとすんなり決まりました。

私に支払っていける家賃のアパートということで、そんなに選択肢は広くありませんでしたから、妥当なところで決めました。

 

■持って行く物は最小限にしようとは思わなかった


私の荷物は決して少なくないのですが、今後の一人暮らしのことを考えると、荷物はできる限り少なくするべきだとは思いました。

 

といっても、離婚してからの生活では収入が足りなくて、生活が困窮することも考えられたました。

 

ですので、できるだけ使える物は持って行きたいという気持ちもあり、あまりたくさん処分はしませんでした。

 

しばらく、何も買えなくても困らないように、ある程度の物は梱包しました。

 

■友人や身内の人に少しずつ荷物を運んでもらった


離婚が決まってから、友人や身内に少しずつそれぞれの車で荷物を運んでもらいました。

 

距離としては片道65kmくらいある市外への引越しですので、往復で3時間以上時間がかかってしまうところを快く協力してくれた人達がいて、とても幸運でした。

 

■大きな引越しは「赤帽」1台で運んでもらった


引越しのメインは「赤帽」を利用することにしました。

 

私の身内や友人に遊びに来てもらう帰りに、荷物を運んでもらったので、かなり荷物は少なくなってはいました。

 

引越しの直前にはゆうパックで細々とした荷物を送っておきました。この荷物は私が引越し先についてから自分で受け取りました。

 

赤帽の料金は市外への引越しなので、時間もお金もある程度はかかるのは覚悟していました。

 

中長距離の引っ越しだったのでどのプランで引っ越そうか悩みましたが、

自分の場合はできるだけ、自分で運べるものは自分で運ぼうと考え引っ越しに望みました。

 

ゆうパックや宅急便で運ぶ方法はサイトで見つけた方法で行うことにしました。

参考サイト 

ultra-hikkosi.net

 

 

■持ってこなかった荷物があったことに気がついた


引越しが終わって、新しい住処で生活をし始めてから、持ってくるべきだったのに持ってこなかったものがかなりあったことに気がつきました。

 

引越しを終えて1年経って気がついた物もありました。

 

例えば、結婚した時に持って行った和服は持って帰ってきても、草履や和装小物は持ってくるのを忘れました。冠婚葬祭用の黒い靴も持ってくるのを忘れました。

 

元夫に忘れ物があったら、私に着払いで送ってほしいと言っておいたのですが、送られてくることはありませんでした。

 

こちらからも連絡はしませんでした。

ですので、それらは諦めました。

 

■引越しを振り返って


私の離婚の時の引越しはこのような感じになりました。

荷物の梱包、荷くずしなどは全てひとりで行いましたので、かなり大変ではありました。

 

引越し後もすぐに仕事のことを考えて動かなくてはいけなかったので、荷くずしは順調とは言えませんでした。

 

結局、完全に部屋が片付くまでには何か月もかかりました。

離婚での引越しですから、あまり近所に見られたくなかったりもしましたので、精神的にも疲れた引越しでした。

 

しかし、数人の周囲の人達に支えられた引越しでした。

感謝しています。

 

女子会

昨日、高校のときの友人と女子会をしました。

 

私の息子も女子会に参加しました。

 

昔からの友人と過ごす時間は、一瞬で学生時代にタイムスリップしちゃいます。

 

私はまわりの友人たちより早く子供を産んだので、もしかしたら友人たちと時間も生活スタイルも合わなくて疎遠になってしまうかなぁと思っていました。

 

でも、出産予定日が近くなると安産お守りを買ってきてくれたり、私が出産したときはガラス越しに赤ちゃんをみに病院まで来てくれたり、その後も私の家まで来てくれたり、忙しい中、昼間に時間を作ってくれたりして嬉しかったです。

 

赤ちゃんを産んですぐはなかなか外出できずに人との関わりも薄くなってしまいますが、友人が気をつかってくれて、救われました。

 

こうして、何か大きな転機があった時にこそ真の友人がわかるし、友人のありがたみを感じます。


今後私の友人が出産したり大変な時は私が何か力になりたいと心から思っている最近です。

 

母になり、息子にかける時間が多くなればなるほど私の女子力が暴落中です(笑)

 

たとえば外出しようとしても、息子の荷物を念入りに準備して、服を着せてから、自分の化粧、着替えをしていると息子がわーーと泣いて私の支度が中断。

 

そうこうしているうちに面倒くさくなって自分の身支度に時間を割くことを諦めます。

 

ママになってもかわいく若くいたいのですが、なかなか難しいです。

 

町でとても身ぎれいにしているママさんをみかけるとすごいぁと感心しちゃう。


諦めずに毎回毎回きちんと頑張ることが女子力アップのコツなんではないかと思っているけれどいまだに出来ていないのです!

 

そういうわけで、女子力向上キャンペーン頑張ります(*^_^*)


私はこどもが1人しかいないので、アマチュアママです。

まだまだ頑張れるはずですよね。

兄弟

私は、3歳年下の弟がいます。

 

小さい時は、弟は下の子でズルくて、わたしは女の子で、弟は男の子だから、母は弟を可愛がっていました。

 

喧嘩は100パーセント私が悪くなるし、怒られるのも私で、2人で何かおつかいを頼まれた時、調子のいい弟は、家の前まで荷物を私にもたせて、玄関から荷物を私から奪って、買ってきたよ?!なんて言って、荷物持ってきてくれたの!偉いねぇなんて褒められたりしちゃって、ズルいと思っていました。

 

でも、大きくなってからは、お互いいくらか大人になって、さらに私が結婚して離れて暮らすようになってからは、いいヤツだなぁと感じることもたまにはあったりとかなかったり。子供の時よりはるかに仲良くしています。

 

今まで弟に対して我慢していた分、いまになってやっと元が取れたような感覚で、今さっき弟に夕飯を誘われたから、これから支度して、外食します。

 

あの弟が叔父さんで、わたしの息子を可愛がってることに未だに不思議な感じもしますが、とにかく行ってきます。

 

私は、小学校受験、中学校受験、大学受験を経験しています。

人生の中で6年に一度は受験をしてきたことになります。

 

それぞれ、ただ受験をしただけではなくて、受験のために塾に行ったり、勉強したり、ずいぶん大変な思いをしてきました。

 

大学受験や高校受験は皆が通る道だと思うけど、小学校受験は必要なかったのではなかったのかと思っています。

 

だから、息子には小学校と中学校は、普通の公立に通わせて、自転車でその辺を走り回る生活をさせてあげたいです。

 

私立の小学校に通っていると、みんな電車通学なので、家が近い友達もいないし、自転車で友達と集合するとか、そういう遊びがほとんど出来ないのです。

 

自転車に乗れるようになる前に電車に乗れるようになるし、習い事に行くために自転車に乗れるように練習する、みたいな感じで、友達との楽しい思い出はほとんどないです。大人になればお金もあって、自由になって行動範囲が広がるけど、子供のうちは自力で世界を広げてみようとできるような環境にしてあげたいです。


息子に自転車の乗り方を教えてあげるの楽しみだなぁ。

ラーメン屋さん

妊娠中にラーメンにハマってしまったので、ラーメン屋さん巡りをしたほどですが、子どもが生まれてからは、カウンターのみのお店にはなかなかいけないので、チェーン店で、ファミリー向けにソファー席とかあるようなラーメン屋さんに行っています。

 

たまに無性に、コテコテのこだわりの豚骨ラーメン極みの一杯みたいなのが食べたくなって、でも息子は置いていけないから我慢しています。

 

一度知ってしまうと、どうしても食べたくなる味ってありますよね。体にいいはずないし、食べなくても全然生きていけるのに。


ラーメンが好きになってからは、新しくオープンするラーメン屋さんにも1回は行ってしまいたくなります。

 

ラーメンが好きになると、何かと濃い味を好むようになるし、体にもよくないし、太るし、自分を律するのが大変です。

 

私は昔から辛いものが好きで、よく激辛ラーメンとか食べてて、辛さにも強かったんだけど、妊娠してから少し控えていたら、今日食べてビックリ。

 

辛さに弱くなってた。しかも、ちょっと過激に攻めたらお腹痛くなっちゃったのです。時々無性に辛いのが食べたくて仕方ないときっていうのがあって、今日がそれだったんだけどなぁ。

 

辛さの中でも唐辛子系の辛さが大好きだったのに、今日普通の一味をたくさん振りかけたらもうダメだった…


妊娠を機に味覚が変わったのか、ブランクが空いて弱くなったのか…まだ母乳あげてるから、辛いのは食べないほうが絶対いいし、体にも激辛料理はよくないし、良いんだと思うけど、激辛欲は鎮まってくれず、満たされない感じです。

 

変ですね、辛すぎて食べられないのに、辛いのを食べたいなんて。スパイシーなカレーとかも食べたいなぁ。

 

激辛チキンとかも。食欲の塊です。

ツムツム

ここ1年くらい、人生で初めてゲームにハマってます。

 

その名も、ディズニーツムツムです。

 

ツムツムは、単なるゲームとしてだけでなく、コレクター気質をくすぐるのです。

 

期間限定ツムとかいわれると、何とかして手に入れたくて、頑張ってゲームして、お金貯めてガチャを回すみたいな感じ。

 

たまにイベントとかやってプレゼントをもらえたりするのもやめられないんですよね?。

 

手軽にどこでもできちゃったり、偶然ツムツムやってる友達とかがいると盛り上がっちゃって、やめられないのです。

 

どのゲームにもハマったことない私がツムツムだけはどハマりで頑張っちゃってて、ストレス発散にもなってます。

 

無心でゲームして、ストレス発散。

 

いいんだか、悪いんだか。子供がいると無心になれることなんてあまりないから、息子が寝たすきにツムツムしてます 笑


さて、ツムツムするからブログおしまいにしよう笑

100円均一

これはもう有名な話で、子育てママには常識みたいな感じかもしれないけど、100均のおしぼりケースが赤ちゃんのおせんべいケースになるとつい最近知ったので、買ってきました。

 

息子は赤ちゃんおせんべいが大好きだから外出した時の口封じに便利だけど、ママバッグはグチャグチャでおせんべいがバキバキに割れて食べさせにくくなっちゃうのが嫌だったのです。

 

100円でちょっとした不便が解決しました。

 

赤ちゃんクッズを扱うお店とかで見ると結構高かったりしてなかなかん?これに500円かぁみたいなところがあるけど、100円だったらいいです。

 

しかも、そのおしぼりケースにおせんべいと赤ちゃんスプーンを入れておくと外で何か食べさせる時に使えて便利だとネットでみて、なるほどねぇと思いました。

 

世の中にはたくさん色々な工夫をされているママさんがいらっしゃって、とても勉強になります。

 

ほんの少しのアイディアで節約かつ便利になりますね。

 

100均では、私が赤ちゃんクッズのお店で買ったベビーカーのブランケットクリップとか、おしゃぶりをなくさないためのストラップとか、そういうものが売ってて、私が買ったのはもっと高かったよ!と思ったり。

 

その分長く使えると思い込むことにします。最近の100均はクオリティが高いですね。